は・れ・ん・ち

 

破廉恥

10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング ←クリックお願いします。

tb: --    com: --
Posted on 02:27:29 «Edit»
2008
12/22
Mon
Category:未分類

くじら 

また反捕鯨団体「シー・シェパード」が日本の調査捕鯨を妨害したそうですね。
何でここまで もめるんでしょうかね?
ってか調査捕鯨ってw
「捕鯨」の前に「調査」って言葉を付けなきゃならないんですよね。
今更ですが。


あまり詳しくはありませんが、
かつて捕鯨は西洋が進んで行っていたようです。
それは食用ではなくクジラの油を採るため。
電気がない時代ですから、クジラの油を使ってランプに火を灯したワケです。
クジラは一頭狩るだけで大量の油が採れるそうですよ?
あの大きさですもんね。
でも西洋人はクジラを食べたりはしません。
クジラを食べることは彼らの中で食のタブーにあたります。
要するに油以外の部分は廃棄してしまうのです。










クジラも案外おいしいよ?(ニッコリ)

聞かねぇってか?


しかし、時は流れ かの天才エジソンさんが電球を発明してしまうと、
西洋人はクジラを狩る必要がなくなりました。

戦後、日本は深刻な食糧不足に見舞われました。
そこで戦争に勝ったアメリカが提案したのが、
貴重なタンパク源としてのクジラを大いに活かした食生活。

「サムライ
  ニンジャ
    ハラキリ
      クジラ食ベトキナ!」


そして始まるクジラナイゼーション
比較的安く手に入ったクジラの肉は瞬く間に日本中の食卓に広がり、
子供たちの好きな食べ物ランキングの上位に食い込んでいきました。
1位のハンバーグは最後まで破れなかったと聞きます。


「おっかぁ!オラ大きくなったらクジラ捕まえてくるっぺさ!」
なりたい職業トップ3にも入りました。

1位 野球選手
2位 Jリーガー
3位 クジラ・ハンター


そう――。
クジラとは切っても切れない関係になっていたのです。



そして今日の捕鯨問題。
「クジラ食べるなんて、なんて野蛮な日本人」   ですよ。
子供が泣きやまない時は

「泣いてばかりいると日本人が来るわよ!!」
一発で泣きやむそうです。(大ウソ)

なんでクジラはダメなんでしょうかね?
数が少ないから?
賢いから?

思うに、捕獲(殺す)するのに時間が掛かるのがマズいんじゃないかと。
クジラを傷つけて1時間以上も血を流させてから捕獲する映像を見せられたら、
そりゃボクも気分悪くなります。
牛や豚は一瞬なんでしょう?知りませんけど。
まぁクジラは大きすぎますからね。難しいのでしょう。

なんか『キル・ビル』に出演した女優さんも反捕鯨活動に協力するとかなんとか。

この問題は、今後ますますヒートアップしそうですね。
スポンサーサイト

FC2ブログランキング ←クリックお願いします。

« イブ  |  めいん »
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。